転職サイト・エージェント

ひと目でわかる!転職エージェントの利用の流れ8ステップ

転職エージェントの利用の流れ8ステップ

転職エージェントってどんな流れで進んでいくの?

転職エージェントは、転職希望者に専任の担当者(人材コンサルタント)がつき、転職を無料でサポートしてくれる心強い味方です。

しかし、利用しようと思っても、どんな流れで進んでいくのかわからないと、ちょっと抵抗もありますよね。

ここでは、転職エージェントを使用した場合の一般的な流れを、8つのステップに分けて説明していきたいと思います。

ステップ1・簡単な登録

まずは、インターネットから転職エージェントへと登録します。このとき、どの転職エージェントでも登録する内容はほとんど同じ。

基本的には、

  • プロフィール
  • 職務経歴
  • 希望する条件

の3つです。

10~20分ほどで完了しますが、このときに登録する内容は複数のエージェントへと登録する際に使えるので、保存しておくと便利です!

ステップ2・気楽に、しかし大事なコンサルタントとの面談

登録が終わり、求職者に紹介できる求人がある場合は、面談の連絡がきます。

面談は主に、転職エージェントの企業オフィスで行われますが、エージェントによっては、自宅や会社の近くまで来てくれる場合もあります。

面談と聞くと、就職の面接などの記憶から「嫌だな・・・」と思う方もいるかもしれませんが、大丈夫。人材コンサルタントはこの時点で既に求職者の味方なので、肩の力を抜いていきましょう。

そして、登録した情報を元に面談となりますが、ここが大事!

コンサルタントはこの面談の情報をもとに、求人を紹介します。しっかりと希望を伝え、疑問があれば遠慮なくたずねましょう。

ステップ3・求人紹介

面談の内容から、コンサルタントが求職者に合った求人が紹介されます。

利用するサービスにもよりますが、基本的にメールに求人詳細が添付されてくる形が多いと思います。

どれくらいの求人が紹介されるかは、やはり希望条件や経歴などによっても異なります。ただ、想像していた以上に多くの求人を紹介してもらえるケースが多いと思います。

ステップ4・応募書類の作成(添削)

応募する際に必要な応募書類を準備します。

書き方のアドバイスや添削、面接のポイントなども教えてくれるので、ぜひ活用しましょう。

この情報は書いておいた方が良いのかな?など疑問に思うことがあれば、どんどん相談してみるのがおすすめです。

ステップ5・応募(やることは特になし)

紹介された求人に対して、応募する意思があるかどうか、また疑問があれば問い合わせをします。

もちろん、いい求人がなかった場合は、断ることが可能です。このとき、『断る理由』をしっかりと伝えると、コンサルタントはあなたの希望をよりくわしく把握できるので、次の求人紹介がさらにしやすくなります。

応募の際に求職者が行うことは特にありません。問い合わせのほか、面接日時や条件交渉などの調整もすべてエージェントが行ってくれます。

完成した応募書類を渡すと、エージェントがそれに推薦状をつけて企業に応募します。

ちなみにこの場合、自分で転職サイトなどから応募するのに比べて、書類選考通過率がはるかに高くなります。なぜなら、そもそもエージェントがプロの目で見て、通過の可能性が高いと思った企業を紹介しているためです。

ステップ6・書類選考に通れば面接

書類選考を通過すれば、ついに面接がやってきます。ここまで企業とのやりとりはすべてコンサルタントがしてくれていましたが、さすがに面接は求職者本人がしなければいけません。

「でも、どうしても面接が苦手・・・」という方は、面接同行をしてくれるエージェントもありますので、あらかじめ相談しておくといいかもしれません。

面接は企業にもよりますが、2~3回行なわれるところが多いでしょう(小さい会社だと1回のところも)。コンサルタントからもらったアドバイスを元に、乗り切りましょう!

ステップ7・ついに内定、そして入社

めでたく内定が決まっても、エージェントはまだあなたのそばにいます・・・!

現職の退職手続きをする際のアドバイスや入社日の調整、まだ確約していなければ年収の交渉なども行なってくれます。

ただ、こういうこともあるかと思います。

「内定が決まったけど、内定を辞退したい」「第一志望の面接がまだ残っているんだけど・・・」

この場合も、コンサルタントにその旨を伝えましょう。

億劫な内定辞退の連絡もコンサルタントが行ってくれますし、他に応募を進めている企業があれば、回答期限を延長してもらえるよう、コンサルタントが交渉します。

とはいえ、エージェントも人ですから、なるべく負担はかからないように進めてあげたいところです。

ステップ8・入社後にもフォローが

なんと、入社したあとにも、相談などのフォローをしてくれるエージェントは少なくありません。

というのも、紹介した人が入社後すぐに辞めてしまうと、企業側からの報酬がなくなったり、減ったりすることもあるのです。そのためエージェントからすると、求職者の入社後のケアも大事な仕事なのです。

まとめ

以上、転職エージェントの利用の流れを、8つのステップで紹介してきました。

こうして見ると多く感じてしまうかもしれませんが、実際に求職者が行うのは、

登録→コンサルタントとの面談→書類作成→企業との面接

くらいです。

一人で転職活動を行うのに比べると、時間や手間、そして気苦労がかなり軽減されるはずです。

求職者が内定して初めて利益を得られるというビジネスモデルもありますが、エージェントは求職者の強い味方です。頼れるチームメイトと考えて、気になることはどんどん相談して、良い転職を実現させましょう。

体育会系出身の転職者には専門の求人サイト「スポナビキャリア」がおすすめ



おすすめ3大ポイント
  1. 体育会系・スポーツに特化した求人情報が豊富
  2. 書類作成から面接対策までサポートしてくれる
  3. スタッフ全員が体育会系の出身者

スポナビキャリアの口コミ・評判をチェック