体育会系の転職・就職

有利?不利?体育会系出身者の転職・就職における強みとは

体育会系出身者は転職・就職で有利?不利?

「体育会系出身者は、就職に有利。」

就職活動をしていると、必ずといっていいほど耳にするこの言葉。
しかし一方で、「いや、実は意外と体育会系って不利らしい」と言う人もいます。

まことしやかにささやかれるこれらの言葉、一体、本当のところはどうなのでしょうか。

先に結論から言ってしまうと、『体育会系は就職に有利なことが多い。ただし、不利な点もある』というのが実情です。

 

基本的には、体育会系は就職に有利だと言われています。実際、体育会系出身者の積極的な採用を公表している企業や、体育会系専用の就職支援サービスがあるなど、就活では体育系であることが有利にはたらく場面が多くあります。

しかし、体育会系が活躍しにくい業界があるのも事実・・・。

では、どうして体育会系は就職で有利なのか、また、どんな業界が合わないのかなどについて、詳しく見ていきましょう。

 

>>体育会系出身者の為の特別な転職【転職サービス スポナビキャリア】

体育会系の強みは『礼儀』、『根性』、『管理能力』、『人脈』

体育会系の強みそもそも、体育会系とは何なのか。

『体育会系=運動部によく見られる、根性論や絶対的な上下関係などを重んじた気質や体制のこと』

つまり、体育会系出身者とは、学生時代にそういった運動部に所属していた人たちのことを一般的に指します。

では、彼らはなぜ、就職で有利になるのでしょうか。つまり、どんな特徴が彼ら・彼女たちの強みといえるのでしょうか。

① 組織のことを考えられ、礼儀正しい

体育会のチームでは、先輩やコーチ、監督などの目上の人とかかわる機会が多くなり、その中で、組織における礼儀や規律などを厳しく教え込まれます。

企業では少なからず縦社会の傾向が残っている場合もあるため、組織に対する帰属意識が高く、上下関係を重んじることが出来る体育会系出身者に対する評価は高くなりやすいです。

② 体力と根性がある

スポーツには、厳しい練習やときには理不尽な状況もあるものです。しかし、それらに耐えてきた彼らには、体力と根性には自信がある人が多く、それを就職の際にアピールすることができます。

仕事でも、プレッシャーを感じる局面や、努力が必ずしも報われるわけではないなど理不尽な結果が生まれる場面もありえるためです。

最近では、新卒者の約3割が3年以内に離職してしまうと言われていますが、企業としては時間をかけて採用した人材に出ていかれては困ります。そこで体力と根性があり、少々のことでは打ちのめされないであろう体育会出身者は魅力的にうつります。

③ 自己管理能力が備わっている

学業と部活動を両立するのは、簡単なことではありません。練習、授業、試合、課題などをこなすためには、しっかりとしたスケジュールを組まなければならず、彼らは効率よくそれらを処理する能力を持っています。

また、試合に勝つためにはどんな練習をすればいいか、今の自分に何が足りないかなどを分析する必要もあるため、目標設定をした上で、そこに向かってどうステップを踏んでいけばいいかを考える力もあります。

そしてそれらは、就職活動の際にも役立ち、社会に出てからも重要となってくる能力。それらが身に着いていると、就職活動において一歩、前に出ていると言えるでしょう。

④ 縦の人脈がある

就職活動の際、体育会系の人たちが
「○○企業にいる先輩から話を聞いたんだけどさー」
「この間、○○に勤めているОBの人から、うちに来いよって誘われてー」
なんて話しているのを聞いたことがある人もいるのでは?これも、体育会系の大きな強みです。

就職活動において、情報や人脈はとても重要なもの。そして体育会は縦の繋がりが大きく、下の面倒を見る習慣などもあるため、先輩やОBの存在は絶大です。

また、就職してからも、その人脈をいかせることがあるので、そういった面で体育会系は有利です。

 

逆に、創造性が必要な業界では不利になる可能性も!?

クリエイティブな業界では不利になることも?ここまで見ると、「体育会系めちゃくちゃ有利じゃん!」と思わず言ってしまいたくなりますよね。

確かに、社会の形が変わってきた現在でも、体育会系の人気が根強いのは確かです。能力的にもたくましい人が多いといえそうです。

 

ただし、業界によっては、体育会系であることが不利に働くこともあるので注意したいところ。

というのも、「体育会系は真面目で礼儀正しくて、規律と上下関係を重んじ組織のことを第一に考え…」と彼らの性質をひと言でまとめると、『組織に従順で献身的』な存在であるといえます。

当然、それは多くの企業にとって魅力的なのですが、一部の業界にとっては、それが欠点として映ってしまうこともあります。

 

その業界とは、例えば『創造力が必要とされる業界』です。

ITやデザインなどのクリエイティブな業界は、既存のかたちを守っているだけでは生き残ることが出来ません。ときには、既存の常識や組織の方向性をうたがう必要があることも。

そんな業界で「私は組織に対して従順で、規則や上下関係を…」と言っていると、「この人には既存のものを変えたり、新しいものを生み出したりする力はないな・・・」と思われてしまう可能性もあります。

まとめ

以上、体育会系出身者の就職について見てきました。

要約すると、
「体育会系出身者は基本的には就職では有利。しかし、一部(クリエイティブな業界など)では不利になる可能性もある。」

ただしもちろん、体育会系出身者だからといって簡単に内定がもらえるわけではありませんし、逆にクリエイティブな業界に就職出来ないということでもありません。体育会系出身者でも、クリエイティブに向いた特性を持つ人はいるでしょう。

ただし、一般的にはこういったイメージを持たれがちだということは理解しておくと、就職活動がやりやすくなると思います。

やってみよう!自分の強みを発見する診断
自分の強みを発見するには、るリクルートが作成した診断「グッドポイント診断」もおすすめです。簡単な質問に答えていくことで自分の強みが詳しく分かります!

>>自分の強みを発見!「グッドポイント診断」

体育会系出身の転職者には専門の求人サイト「スポナビキャリア」がおすすめ



おすすめ3大ポイント
  1. 体育会系・スポーツに特化した求人情報が豊富
  2. 書類作成から面接対策までサポートしてくれる
  3. スタッフ全員が体育会系の出身者

スポナビキャリアの口コミ・評判をチェック